乗り捨ては片道だけの時に便利!

レンタカー乗り捨て予約ガイド|北海道から九州まで格安料金を紹介
レンタカーの乗り捨ては、引越しや帰省など、行ったまんま戻らない引越しや、出かけてから数日後に家に戻る帰省や旅行の場合など、片道だけレンタカーを使いたい場合に便利です。

 

私も、単身引越しのときに、トラックを借りてきて独力で引越し作業をする場合に使ったことがあります。このときは、引越し会社に依頼するよりも総コストが安くて済みました。

 

レンタカーの乗り捨てが便利なケースは概ね次の3つかと思います。

 

@引越し会社を使わずにトラック等を借りて引越しをする場合
A旅行先で空港や駅まで大人数で移動する場合
B旅行や帰省で、数日間は家に戻らない場合

 

ただし、レンタカーの乗り捨て料金は意外と高いです。借りた場所と乗り捨てで返す場所が県をまたぐとなると、例えば長野県で借りて東京の羽田空港で返却となると、レンタカー会社によって多少の料金の違いはありますが、大抵の場合は10,000円を超えてきます。

 

なので、レンタカーの乗り捨てを利用する場合は、ちゃんと費用を計算して、レンタカー以外の交通手段と比較して安くなる場合に利用するとよいかと思います。

 

レンタカー乗り捨てとは

レンタカー乗り捨て予約ガイド|北海道から九州まで格安料金を紹介
よく、「レンタカー乗り捨てって道端に乗り捨ててもOKなの?」と聞かれることがありますが、それは間違いです(汗)出発した営業所以外でもレンタカーを返却できますよという仕組みになります。例えば、九州旅行に行ったとして、福岡空港でレンタカーを借りて、帰りは長崎空港で返却するといった感じですね。なので、厳密には乗り捨てとは違いますが、そういう名称で定着してるみたいです。

 

 

ちなみに、レンタカーの乗り捨てには車のレンタル料金以外にも費用が必要になります。ただ、最近はどこのレンタカー会社も借りた場所と返す場所との距離が50km以内なら無料としてるところが殆どですね。あと、北海道と本州、四国、九州間の乗り捨ては原則禁止としてる店舗が殆どです。お店の人も下の店舗にレンタカーを戻すとき距離がありすぎると大変ですし、コストも馬鹿にならないですしね。下手すれば赤字です(汗)

乗り捨てを利用するかどうかの判断ポイント

レンタカーの乗り捨ては便利なのですが、利用エリアによっては電車などの他の交通機関を使ったほうが安い場合があるので注意が必要です。乗り捨てを使うかどうかの判断ポイントは大体2点かなと思います。

 

@移動コストの総額を比較して安くなるか?(大人数は1人当りで比較)
A荷物の量はどうか?バスや電車で持ち運べる量?

 

ちなみに、乗り捨て料金がいくらかを知りたい場合、次のレンタカー会社ならホームページで料金シミュレーションができます。借りる場所と返す場所を選んでボタンを押すだけなので、1分もあれば料金が分かります。便利です。

 

タイムズ
タイムズの乗り捨て予約

 

 

ニッポンレンタカー
ニッポンレンタカーの乗り捨て予約

 

 

トヨタレンタカー
トヨタレンタカーの乗り捨て予約

 

 

オリックスレンタカー
オリックスレンタカーの乗り捨て予約

 

 

試しに北海道旅行に行ったことにして、旭川で借りて札幌空港で返した場合の料金を比較してみました。
如何でしょうか。同じエリアでもレンタカー会社によって料金が異なるので、レンタルする前にちゃんと料金シミュレーションで比較すると失敗しないかと思います。

レンタカー乗り捨て料金の安いところは?

レンタカー乗り捨て予約ガイド|北海道から九州まで格安料金を紹介
レンタカーの乗り捨て料金が安いお店は、最近ではトヨタレンタカーやタイムズレンタカーでしょうか。ただし、借りる場所、返す場所のエリアによっては他の店舗のほうが安いケースが往々にしてあります。なので、レンタカー会社で決めると損することがあります。

 

 

乗り捨て料金が安いエリアになると、断然、北海道になります。例えば旭川から千歳空港までは約175km離れています。乗り捨て料金は5,000円ほどです。それに対して、千葉の成田空港から東京の羽田空港までだと約80kmしか距離がないのに、乗り捨て料金は6,000円になります。

 

 

レンタカーの乗り捨て料金がどうやって決まっているかというと、借りた店舗から返した店舗までの車の移動コストを基準にしてあります。乗り捨てで返却したレンタカーはそのお店の従業員が元の店舗まで運ぶ分けですが、その移動にかかるは費用+人件費が必要です。この費用がレンタカーの乗り捨て料金の大部分になるわけですね。なので、北海道内を移動するより千葉から東京まで移動するほうが高速代が高いので、レンタカーの乗り捨て料金も高くなるというわけです。あとは、借り手が多いエリアや多少金額は高めといった感じがあります。

乗り捨て料金をカンタンに比較するには

レンタカー乗り捨て予約ガイド|北海道から九州まで格安料金を紹介
各レンタカー会社の乗り捨て料金を自分で調べて比較しようとすると、手間がかかって仕方がありません。それぞれが独自の基準で乗り捨て料金を決めているためです。料金の設定基準がバラバラなので比較が非常に難しいです。また、エリアによって店舗が存在しないレンタカー会社があったりして面倒くさいこ事の上ありません。

 

なので、乗り捨て料金をレンタカー会社別に比較したいなら、レンタカー予約の一括検索サイトが便利です。検索サイトの検索機能を使えば、複数のレンタカー会社の乗り捨て料金をカンタンに比較できます。一括検索サイトは幾つもありますが、実際に検索してみて使いやすかったのはこの2サイトでした。どちらも無料で使えるので、料金だけ調べたいときに便利です。